「土曜日」 2022 「6月」 25

「ムッソリーニとヒトラーは死の収容所で数百万人を死に至らしめるのが得意だった」、ジョージ・メイソン大学のジョー・マリー・バートによる率直なコメント

ジョージ・メイソン大学のラテンアメリカ研究の教授は、大量虐殺のアドルフ・ヒトラーの姿を称賛したアニバル・トーレス首相の残念な主張についてツイッターで語った。

ペドロ・カスティージョ政権の内閣長であるアニバル・トーレスはナチス・ドイツの高速道路建設計画におけるロールモデルとしてアドルフ・ヒトラーについて言及する

「例を挙げましょう。イタリアとドイツは私たちとまったく同じでした。しかし、一度、アドルフ・ヒトラーがイタリア北部を訪れ、[ベニート] ムッソリーニはミラノからブレシアまで建設された高速道路を彼に示しました」 とトーレスは言いました。

「ヒトラーはそれを見て、自分の国に行き、高速道路と空港で満たし、ドイツを世界で最初の経済大国にしました」 とトーレスは木曜日のワンカヨ市の地方分権的な閣僚評議会で付け加え、カスティージョは後に参加しました。

ワンカヨでのアニバル・トーレスの物議を醸す演説 | ビデオ:Canal N

ジョージ・メイソン大学のラテンアメリカ研究の教授であるジョー・マリー・バート博士は、政治家、歴史家、そして一般の人々の絶対的な拒絶に加わって発言しました。

「そして、ペルーの物事がこれ以上現実的にならないと思ったとき、首相はムッソリーニとヒトラーをインフラ開発のモデルと呼んでいます。彼らは、死の収容所で数百万人を死に至らしめる列車の建設に特に優れていた」 と彼はツイッターで述べた。

Tuit de Jo-Marie Burt, profesora de estudios latinoamericanos de la George Mason University
Tuit de Jo-Marie Burt, profesora de estudios latinoamericanos de la George Mason University

リマのドイツ大使館とイスラエル大使館も、外に出て謝罪しなければならなかったトーレスの主張を表明し、拒否しました。数時間後

「ヒトラーはファシストで大量虐殺の独裁者であり、その名で史上最悪の戦争がドイツから繰り広げられ、600万人のユダヤ人の大量虐殺が行われた。このシナリオに直面して、ヒトラーはいかなる種類の例としても適切な参照ではない」 とドイツ公使館はFacebookページで述べた。

イスラエル大使館は、ムッソリーニとヒトラーの政権は繁栄や進歩の例ではないと述べた。

「ペルーの政治的言説には、繁栄の例としてヒトラーやムッソリーニなどの言及が含まれていることを残念に思う。死と恐怖の体制は進歩のしるしにはなり得ない」 と彼はツイッターアカウントで共有した。

数時間後、内閣会議の終わりとカスティージョの前で、トレスは再び謝罪した。「イスラエル大使に、もし私が彼を怒らせたなら、私は謝罪し、私たちは個人的に話し合う」。

「ドイツのコミュニケーションの進展を例として挙げたとしたら、それは本当の事実です。それはアドルフ・ヒトラーが偉大な犯罪者と見なされていないと言っているのではない」と彼は付け加えた

ガーディアン紙やワシントンポスト紙などの新聞も、これらの残念な発言を複製しました

「ペルー首相のヒトラーへの称賛は抗議の波を巻き起こしている」 とガーディアン紙はウェブサイトで報告しているワシントンポスト紙は、ポータルで 「ペルーの首相はヒトラーをモデルとして挙げて、憤慨を引き起こす」と述べています。

The Washington Post se pronuncia sobre declaraciones de Aníbal Torres
The Washington Post se pronuncia sobre declaraciones de Aníbal Torres
Informe de The Guardian por declaraciones de Aníbal Torres
Informe de The Guardian por declaraciones de Aníbal Torres

ペルー議会の責任者であるマリア・デル・カルメン・アルバは、「アニバル・トーレス首相が大量虐殺のヒトラーを称賛したことで、何千人ものペルー人を怒らせた」と憤慨してツイートした。

「アニバル・トーレス首相がヒトラーのようなファシストで大量虐殺の例として挙げているのは残念ですが、火曜日にリマで定められた昼間の「夜間外出禁止令」の失敗など、[政府の] 誤った措置がどこから来るのかがわかりました」と、同じソーシャルネットワークで与党議員のアレックス・フローレスは述べた

「ヒトラーのメリットに言及していなければ、私たちはそれを好んだでしょう。ユダヤ人虐殺の600万人の犠牲者を怒らせるのはナンセンスだ」とRPPチャンネルとラジオ局の朝のホスト、フェルナンド・カルヴァッロは語った。

79歳の弁護士であるトーレスがヒトラーに言及したのはこれが2か月ぶりの就任ではない。3月に彼は投獄された元大統領アルベルト・フジモリとナチスの首長を比較し、「誰も彼の善行で裁かれず、彼の悪行で裁かれる」と述べた。

読み続ける